丁寧な製法

画像

1.計量

1回で作る製品の量は数百キロにもなりますが、混ぜ合わせる材料はグラム単位で準備していきます。そうすることで同じ味を作り続けることができます。

画像

2.最後の一滴

缶を固定しているのは、中身がすべて流れきるのを待っているからです。 最後の一滴まで無駄にしない。こうすることで、計量した材料を正確に使用できるだけでなく、洗浄の手間も減らすことができます。

画像

3.手作り

チップを袋に詰めていきます。